読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害者の備忘録 ADHD/浪費/性的依存

ダメ人間が赤裸々に思いを吐き

ビジネスマン教に入信したい

連日アホみたいなことしか書いてない。セクキャバ行ったりSMしたり、今日もアダルトライブチャットで弄ばれるの最高って話しようかなと思ったが、性獣すぎんだろこいつと俺の中のゴーストが囁いたので、真面目な話をすることにした。真面目な話つっても、今更誰もが感じているようなことをツラツラ書きつづるくらいしかできないのだが。

 

善と悪、この二元論自体がキリスト教的な考え方に基づいている。日本の神道は本質的に善悪を定めない寛容な宗教だと思う。陰があるから光がある、本来日本人は悪と善は表裏一体という考え方に基づき道徳観が形成されていた。

 

戦後、アメリカナイズされた日本人は知らず知らずのうちにキリスト教的な二元論を刷り込まれることになる。特にグローバル化し、欧米的な考え方に基づいた会社経営が基本となった現代ではその色が顕著になっていると思う。

 

俺は自分が正しいと思う意識が希薄であるがゆえ、自己肯定感などもあまりない。ゴミクズのような人間であるというのが一種のアイデンティティにまでなっている感もある。

 

要は、キリスト教的な宗教観がまるでない。自分が「正しい」と思うからこの行動をする、のではなく「この行動は他人が正しいと感じるだろうから一応やっておかなければな」という考えに動かされている。傀儡である。

 

いや、傀儡ですらない。本能に負け「これやらなきゃいけないんだけどなー面倒いからどうなってもいいや」と頭でわかっていてもやらないことがある。価値観を他人に丸投げしてるので、責任感がまるでない。

 

なので、基本的に宗教にどハマりしている人に俺は抵抗感がない。俺は「多くの人間」が宗教にハマってないならば、その考え方に一般性がなく、上手く生きられそうもないと判断するので入信しない。しかし、その考え方を信じることで自分の行動指針ができるのであればいいことだし、たいていの場合彼らは無害だ。セクキャバに金使うより立派である。

 

しかし、「キリスト教」「仏教」「イスラム教」などの宗教の信者に限らず、今社会人として、自信を持って仕事をしている人であれば「自分がしていることは正しい」という自負があるはずだと思う。これ自体が宗教的、キリスト教的な思想であるということを、自覚している人はあまりいないとは思うが。

 

とくに会社での活躍めざましくバリバリ働いている人に関しては「宗教家」を嫌悪しながら、「自分で考えている」と思い込んで知らず知らずのうちにキリスト教的な思想を取り込んでいる場合が多い。「自分が正しい」と思い込めなければ、仕事で他人を蹴落としたり、迷惑をかけたりすることが不可能だからだ。

 

仕事をしていると、さまざまな人間と関わることになるので相手に迷惑をかけないでいるというのがまず不可能に近い。そこで「自分が正しい」と思えない人間は、どんどん萎縮していき俺のようにダラけたり、ドロップアウトしたり、窓際になったり、いいように使われたりする。

 

「正しいことをやっている」ときの人間の目には宗教性が宿っているように感じる。俺は、それが少し怖い。宗教家はそれに自覚的ではあるが、ビジネスマンは無自覚である。その自覚のなさが、盲目的で怖い。確実に俺のような宗教性がまるでない動物のような人間の脅威となるからだ。

 

「自信をもて、なぜそんなに責任感がないのか、社会人としてあたりまえだ」などの思想。それが、宗教家が彼らにいう「神を信じなさい、〜をしていると地獄に落ちる」といったような言葉と同じ感覚で俺に響く。ビジネスマン教の信者は正しいことをしていると、今日も信じている。俺はここに出来るだけ同調したい。今の社会では恐らくこれが最も一般的な宗教なのだから。