発達障害者の備忘録 ADHD/浪費/性的依存

ダメ人間が赤裸々に思いを吐き

尖った人間が時折、少しだけ見せるポップセンスがすごく好きというお話し

七尾旅人というミュージシャンがいる。

アーティスティックなセンスが爆発しすぎているタイプのフレンズである。俺は「雨に撃たえば...」というアルバムしかもっていなかったのだが、いろいろな意味ですごい。

 

エレクトロシューゲイザーのような楽曲にうめき声、ささやき声でひたすらブツブツと呟いているような印象の歌唱を乗せている曲が延々と続くアルバムだ。「プログレッシヴロック」と呼ばれるジャンルに分類されるのだろう。

 

個人的に嫌いではないが、恒常的に聞くようなものではないと思っていた。しかし今日、「サーカスナイト」という曲を、青葉市子という人が歌っているのを発見する。

「なにこれしゅごい名曲」

と感動していたが、のちに向井秀徳がカヴァーしているのを発見し、原曲が七尾旅人ということを知る。

 

あんなキメながら歌ってそうなアルバムを出す人が(ディスっているようだがあのアルバム好きな人はそういうところが好きなんだろうと思う)一抹の寂しさと、刹那的な明るさ・希望を感じさせるフォークソング的な曲を書くとは・・・と愕然としているとそこからyoutubeで辿っていくうちに「湘南が遠くなっていく」「どんどん季節は流れて」などの楽曲を発見。「は、はわわわ」となる。

 

俺の中での七尾旅人

「♪チュルッチュチュ」

とか歌ってるジャンキーだったのに

「目の前で魔法が解けてゆく 焦る気持ちだけが言葉繋げ君を抱きしめるたびに 網の上で揺れるCircus Night」

とか、まるでフィッシュマンズのようなことを言っている。「は、はわわわ」しか感想がでない。それくらい良い。もう、抱かれてもいい。

 

多分俺が女だったらヒモ男が時折見せるギャップにやられるダメンズウォーカーになってると思う。でも、そういうのいいよね(知るかよ)

 

ちなみにこんだけ言っといて

一番好きだったのは向井秀徳

カヴァーである。

www.youtube.com