発達障害者の備忘録 ADHD/浪費/性的依存

ダメ人間が赤裸々に思いを吐き

理不尽

今日、上司の行きつけの店に

飲みにいき、出身学科の話になった。

 

自分はかなり特殊な学科出身で

今は全く関係ない職種についている。

 

別にその職種につきたかったわけではなく

発達障害という特性上、この職種でないと

難しいだろうと判断した結果だった。

 

もちろん、適正関係なく

ほかにつきたい職種もあり、

それも新卒時に受けたが

すべて落ちた。

 

お店のおばちゃんに、学科のことを言って

「今知っての通り全然関係ないこと

やってるんです」と世間話をした

つもりが、

 

「そんな関係ないところを卒業した

あなたが、なんで●●社にいるのよ!

入りたい人がいっぱいいるのに!」

 

と言われてしまった。

笑いながら言っていたが

おばちゃんの娘は、俺の業界を

目指していて入れていないので

忸怩たる思いがあったのだろう。

 

ただ、それを考慮しても

そんなことを言われる筋合いはない。

そもそも俺は客だし、元々他の業界

に入りたかったが、入れなかった人間だ。

要はおばちゃんの娘とおなじなのだ。

 

その「入りたい人」の大半はほかの

職でもなんなくこなす人たちだろう

俺が生きるにはこの職しかなかっただけだ。