読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害者の備忘録 ADHD/浪費/性的依存

ダメ人間が赤裸々に思いを吐き

BLUE GIANTは10巻で漫画史に残る名作となった

3月10日にジャズ漫画「BLUE GIANT」の10巻が発売された。今まで電子書籍で買ってたのだが、コンビニで表紙の色合いとデザインをみて自然と手が伸びてしまった。ネイビーブルーを基調としたデザインがいかにも最終巻然としている。

 

ちょっと名作すぎてどんな感想を言ってもこの感動が伝わりそうにないので、まずは、一度読んでもらいたい。個人的には細野不二彦先生の「電波の城」並の重量感と読み応えのある作品だった。

 

この作品の最大の魅力は、作者が「ジャズ」という音楽がどういう思想を持って成り立っているか、かなり的確に把握していてディティールやストーリーに反映されているところだろう。

 

大半の人にとって「ジャズ」とは、オシャレなカフェなどでのBGMに使用されていて落ち着いてる音楽、という認識だろうと思う。(あくまで一般論。)実際にテレビやカフェのBGMとしてよく使われているがその実、ジャズほど「落ち着き」とかけ離れた音楽はない。

 

そもそも1900年代初頭に、さまざまな人種がうごめくアメリカ南部にて生まれ、ニューヨークで踊れる音楽として台頭してきたのがジャズなので、すこし強引かもしれないけど、今で言うとクラブで流れているEDM的な役割を果たしていた。

 

ただこれは、いわゆるスウィングジャズ、ビッグバンドジャズと呼ばれるものなので、「BLUE GIANT」で扱われているビバップハードバップとは少し違うものではある。ビバップはこうした「踊れるジャズ」のカウンターカルチャーとして発展し、「アドリブ」を重視して芸術性と音楽性を磨いていったものだ。

 

アドリブのぶつかりあうような激しさ、緊張感と鬼気迫る演奏、より進化していこうとする精神をもった音楽がビバップであり、みんながよくきくスタンダードな「ジャズ」なのです。なので、個人的にはBGMに最適!みたいなイージーリスニング的な扱いの並びにジャズがあると「全然最適じゃねーだろ!」と言いたくなるときがある。暑苦しすぎてさらっと聞き流せない。イージーリスニングは好きだし聞くけど、ジャズはちゃうだろ。

 

話がそれたけど、BLUE GIANTはそういった精神性を端的に表したストーリー構成になっていてとてもしっくりくる。そして何がすごいって擬音がかなり具体的というか、ドラムを叩いてるシーンで

 

「チカチ チャッチャッ カカカ チャッチャッチャッ チチカカ」など、作者の中でかなり具体的に曲調をイメージして表現をしているところ。漫画なのに音が聴こえてくるよう。

 

そういった細かい表現のおかげで主人公たちの努力や、ヒューマンドラマが実感をもって読者に届く。

 

具体的に10巻の感想を述べたい気持ちもあるが、ネタバレになるし感想述べたところで感動が伝わらんのでとりあえず読んでほしい。マジでめっちゃいいっす。俺は続編の「ブルージャイアント シュプリーム」も同発だったことを今知ったので明日本屋で買ってきます。

クラブでナンパするといふこと

昨日友達とハブでナンパしてからクラブに。ベロンベロンに酔っ払っておった。キャバ嬢の女の子がナンパについてきたが、密着度が半端なくおっぱいあたるしさりげなく揉めるしで最高だった。しかし新宿二丁目のクラブに行ったので男にナンパされ、キスされるということもしばしば。別に俺キスまでならそこまで抵抗ないけど。(ベロチューは流石にやだ)

 

その後ラーメン食ってジョナサンで女の子とたわいもない話をしていまに至る。友達といるときは善良になるのでセックスはしていない。俺たち以外だったら多分あの子ヤられてたと思う。路上でヘロヘロになって座り込むし。

 

ナンパは楽しいな、とおもいました まる。

夕飯トラップ

帰って冷蔵庫みたらなにもなかったのでガドガドサラダを作り納豆と冷凍のハンバーグを解凍する。

 

食べていたら祖父が来て「焼き鳥あるゾォ」と焼き鳥をドン。その次に父が来て「鶏肉のグリルあるぞ」と皿をドン。おかず過多なんすけど。なんでどっちも冷蔵庫にいれず常温保存してんだよ。

 

ベタナミンが切れた。医者行った時にもらった処方箋を「まだ余ってるからいいや」と放置していたせいである。めちゃくちゃピンチである。あと2日薬ない状態で乗り切らねばいけない。とりあえず、ストレッチをして身体の緊張をほぐし、ストレスを解放して事務処理能力をあげようと試みている。焼け石に水だが。

 

あした朝、セクキャバに行こうとしている自分がいる。これはあかん。

ライブチャットについて

ひさびさに真面目なことを書いた。今日、俺が何も言っていないにもかかわらず「あんたが発達障害だったら私の職場の子の方が発達障害っぽい子いっぱいいるわよ笑」みたいな定型発達者の無理解の極みみたいな発言を母がしてきたので、ムシャクシャして書いてしまった。なにがイラッとくるって、こんな浅はかなこと言ってんのに自分は看護師で病気に関してのリテラシーが十分あるという態度をとることが、ほんっっっっとにムカつく。基本的にマジギレすることはそこまでないのだけど。お前の職場の人間と俺になんの関わりがあるんだ?仮にその人より俺がマシだからといって俺が生きていく上で、なんの足しになるんだ?おこだお。

 

愚痴はこれくらいでいいだろう。これからエロいライブチャットについての話をしよう。(正義についての話をしよう的なノリで)

 

ライブチャットは最高である。なにがいいって、匿名で一方的に相手を観察できる。対面するとあちらも自分のことを観察し、心理戦に発展するが、そういう面倒なこと一切なしでアホみたいな会話ができる。

 

触れはしないがセクキャバより気楽で、さらに擬似セックスみたいなことができる。それがエロいライブチャットである。

 

俺の楽しみ方は、まず話す。エロいことせずにまず話す。ここでポイントなのは「即エロいことするのはNGで><ごめんなさい!」とかいってる人には一切入らない。そんなこと言う割に、高確率で話してもつまらない。

 

ただ、「即でもOKです」と言ってる子も、すこし判断に迷う。サービス精神が旺盛な場合もあるが、ただ話が出来なくてエッチなことに逃げている場合も少なくないからだ。

 

なので、基本「楽しい時間を過ごせたらいいな♡」とか、趣味とか事細かに書いてる子に入ることが多い。あとは、目と挙動をみて「あ、この子愛嬌あるけど性格悪そう!」って子に入る。あえて。弄ばれるの大好きだから!

 

ただ、これをみて勘違いするライブチャット嬢がいると困るので(そもそもみないと思うが)一応書いておくと、これは俺が特殊な選び方しているだけで、こういうことを書いていれば客を取れるというわけではないということを注記しておく。

 

女の子を選んだあと、まずは「プロフィールをよく読んでない」フリをする。好きな話題に誘導しつつ、女の子に思う存分話させる。

 

そこでの態度だが、基本は優しく聞いてあげ、ときどきちょっと馴れ馴れしいかな?くらいのツッコミを入れながら距離を調整。あとはひたすら「可愛い。俺の超好み」ということを婉曲的に伝えつつ、細かいところ(ネイルや服)と、見た目の印象と反対の褒め言葉を言いまくる。(流されやすそうな子には「話した感じ、意外と意思固そうでしっかりしてる感じがするよね」など)

 

そうすることで、徐々に素がでてきてフランクに話すことができる。そこから、エロいことするのが最高に楽しい。女友達とエロいことしてる気分になる。ただ、エロいことにもっていこうとするとめっちゃ上手くさりげなくかわそうとしてくる子もいて、俺的にこういう子のほうが好き。俺の上をいってる感じがして弄ばれてる感でるから。いい・・・。会話だけで終わるときが最高。ライブチャット最高!ってなる。

 

ライブチャットも色々あるが、個人的にはDMMのライブチャットが一番明朗かつシステムが使いやすくて好き。決してDMMの回し者ではないが。

ビジネスマン教に入信したい

連日アホみたいなことしか書いてない。セクキャバ行ったりSMしたり、今日もアダルトライブチャットで弄ばれるの最高って話しようかなと思ったが、性獣すぎんだろこいつと俺の中のゴーストが囁いたので、真面目な話をすることにした。真面目な話つっても、今更誰もが感じているようなことをツラツラ書きつづるくらいしかできないのだが。

 

善と悪、この二元論自体がキリスト教的な考え方に基づいている。日本の神道は本質的に善悪を定めない寛容な宗教だと思う。陰があるから光がある、本来日本人は悪と善は表裏一体という考え方に基づき道徳観が形成されていた。

 

戦後、アメリカナイズされた日本人は知らず知らずのうちにキリスト教的な二元論を刷り込まれることになる。特にグローバル化し、欧米的な考え方に基づいた会社経営が基本となった現代ではその色が顕著になっていると思う。

 

俺は自分が正しいと思う意識が希薄であるがゆえ、自己肯定感などもあまりない。ゴミクズのような人間であるというのが一種のアイデンティティにまでなっている感もある。

 

要は、キリスト教的な宗教観がまるでない。自分が「正しい」と思うからこの行動をする、のではなく「この行動は他人が正しいと感じるだろうから一応やっておかなければな」という考えに動かされている。傀儡である。

 

いや、傀儡ですらない。本能に負け「これやらなきゃいけないんだけどなー面倒いからどうなってもいいや」と頭でわかっていてもやらないことがある。価値観を他人に丸投げしてるので、責任感がまるでない。

 

なので、基本的に宗教にどハマりしている人に俺は抵抗感がない。俺は「多くの人間」が宗教にハマってないならば、その考え方に一般性がなく、上手く生きられそうもないと判断するので入信しない。しかし、その考え方を信じることで自分の行動指針ができるのであればいいことだし、たいていの場合彼らは無害だ。セクキャバに金使うより立派である。

 

しかし、「キリスト教」「仏教」「イスラム教」などの宗教の信者に限らず、今社会人として、自信を持って仕事をしている人であれば「自分がしていることは正しい」という自負があるはずだと思う。これ自体が宗教的、キリスト教的な思想であるということを、自覚している人はあまりいないとは思うが。

 

とくに会社での活躍めざましくバリバリ働いている人に関しては「宗教家」を嫌悪しながら、「自分で考えている」と思い込んで知らず知らずのうちにキリスト教的な思想を取り込んでいる場合が多い。「自分が正しい」と思い込めなければ、仕事で他人を蹴落としたり、迷惑をかけたりすることが不可能だからだ。

 

仕事をしていると、さまざまな人間と関わることになるので相手に迷惑をかけないでいるというのがまず不可能に近い。そこで「自分が正しい」と思えない人間は、どんどん萎縮していき俺のようにダラけたり、ドロップアウトしたり、窓際になったり、いいように使われたりする。

 

「正しいことをやっている」ときの人間の目には宗教性が宿っているように感じる。俺は、それが少し怖い。宗教家はそれに自覚的ではあるが、ビジネスマンは無自覚である。その自覚のなさが、盲目的で怖い。確実に俺のような宗教性がまるでない動物のような人間の脅威となるからだ。

 

「自信をもて、なぜそんなに責任感がないのか、社会人としてあたりまえだ」などの思想。それが、宗教家が彼らにいう「神を信じなさい、〜をしていると地獄に落ちる」といったような言葉と同じ感覚で俺に響く。ビジネスマン教の信者は正しいことをしていると、今日も信じている。俺はここに出来るだけ同調したい。今の社会では恐らくこれが最も一般的な宗教なのだから。

自分のことMだと思っていたけど、Mじゃなかった話

俺はわりと女の子に弄ばれるのが好きである。そのせいで、長年Mなんだと思い込んでいて、ある日「試しに奴隷になってみよう」と思い立った。思いたつなよんなこと、と思うが変なところで行動力があるので、即実現に向け準備をはじめた。

 

SMバーに通い、S女性と話しつつ気に入ってくれる人を探した。常に低姿勢、M特有のねっとりとした目を心がけながら通っていたら、とある女王様の目にとまり「一度プレイしてみよう」ということになった。

 

はっきり言って、その人はおばさんだった。俺はその時20歳、その人は45歳。(今思うと実年齢と比較してすごく綺麗な人だったが)「どうせなら若い人が良かった」と失礼なことを思いながらラブホへ行く。入るだに問診のようなことがはじまった。アナルに興味はあるか、どこまで痛いことは平気なのかなど、こちらのことを気遣ってくれているのを感じ、少し安心する。

 

とりあえず、アナル未経験だったのだがどんなもんなのか体験するために「興味はありますがいれたことありません」と答えた。そうすると「じゃあまずこれしよーか」と、イチジク浣腸をもつ女王様。知識がなかった俺は「え、マジか」と内心思ったが何事も経験だわと思い、了承。アナルに浣腸を挿入される。意外とこれは興奮した。

 

挿入されたあと、数分待たなきゃいけないのだが、なぜか俺は数分経っても余裕。便意が来ない。「すみません、なんか全然来ないです」「じゃあ先にロウソクでイジめよ」と、全身ローションを塗られる(おわったあとロウが取れやすくなるらしい。実際めっちゃ取れやすくて感動した。)仰向けになり、ロウをポタポタ落とされる。あれ?ぶっちゃけそんな熱くない。むしろちょっと暖かくて気持ちいい。と思ってると「あんまり熱そうじゃないね」と女王様。「なんか微妙に気持ちいいです」と素直に答えると、時間をかけて溶かし、少し近くからボタボタボタァ!!!と垂らされる。

 

!?!?!?!?あっっっっうぅつつつつつつ!!!!!!!!と悶える俺。クソ熱い!!!そんな俺を尻目にめっちゃあざ笑う女王様。そして、このタイミングでめちゃくちゃ便意きた。ヤバい、漏れる!!!と思い「すみません!!!トイレ行きたいっっっっす!!!」と伝える。「え、トイレ行きたいの?ここでできる?」と女王様。

 

いや、別に見られるのはいいけど(いいのかよ)俺のウ●コで部屋が臭くなるのはまじ萎えるので勘弁・・・ブルーシート敷いてるから部屋が汚れる心配はないけど・・・と冷静に考え「すみません、トイレ行かせてください」と懇願。女王様も「はじめてだからね。いいよ。」と了承。マジ優しい。

 

トイレですっきりしたあと、「全部出した?じゃあアナルしよっか。」といよいよ聖域に足をふみいれた。まずローションを塗られ、人差し指が入っていく。異物感はあるが、案外スルッと入るんだなと思っていると「うわー、やっぱりキツイね」と言われる。そうなんか。

 

人差し指を入れた時点では、そこまでキツくなかった。女王様が人差し指を入れたり抜いたり、指を曲げたり伸ばしたりした瞬間、めちゃくちゃな排便感に襲われた。

 

「あ・・・ああ・・・」とドラゴンボールで悟空がボッコボコにやられてるときのような声を出すと「どんな感じ?」と聞かれる。

 

「いや・・・なんかウ●コでそうなんですけど大丈夫でしょうか!?」と答えると、無言で動きを激しくする女王様。

 

悶絶する。やられるとわかると思うけど、めちゃくちゃウ●コしそうになる。鬼畜かこの女!(女王様だから当たり前だが)と思いつつ「あああぁぁあぁあぁあ!!!!ヤバいっす!!ウ●コでまふれ!!!まじで!!!」と日本語が怪しくなるほどの焦りを覚える。

 

しかし、女王様は余裕の笑みである。「この排便感がクセになるんだよー」とか言ってる。いや絶対クセにならん早くやめてくれと思う反面、指の動きは激しくなる一方だ。

 

ある種の諦観を覚え、この場でぶちまける覚悟を決める。括約筋を緩める。「くらい…やがれ!!!」からの「これが草薙の拳だ・・・」のコンボを決め、アナル開発界の草薙京の名を欲しいままにしようと考えたが(KOF知らない人にはまったくわからないと思うが)、緩めても一向に黄金がでてこない。おやおや?と思う。

 

「だいぶ柔らかくなってきたね」と女王様。なるほど。と得心する。たしかに「排便されない」という安心感をもって、冷静に感じてみると抜くときに、排便したときと同じような気持ち良さはある。入れるときに急激な排便感、抜くときに解放される感覚である。

 

時折指を曲げるのは、おそらく前立腺を刺激しつつ排便の気持ち良さみたいなところも感じ、相乗効果を狙っているのだろうが残念ながら俺のチ●コはシナシナしたままだった。アナルの道は1日ではならずだな、と思った。

 

でも、これなら普通にウンコしてたほうがいいし、こんな辛いことを乗り越えてまでアナルガバガバになりたくねえな・・・と冷静に考えてしまうあたり、ぜんぜんアナルの才能もないし、Mの素質もない。

 

しばらくして「今日のところはアナル、ここでやめておこうか」と女王様。俺は一仕事終えたような気持ちになる。

 

それから、顔面騎乗などのプレイに入る。これはちょっと良かった。普通にボッキしたし興奮した。が、「おしっこ飲める?」と女王様が言い出す。

 

正直飲める自信まったくなかったし、ちょっと汚いなって思った。(しかし尿は排泄した瞬間に飲めば菌は繁殖しない。普通に飲める無毒の液体だ。青汁だと思えばあるいは)と考え、了承。

 

女王様は俺の口の前にマ●コをもってきて、排尿した。俺の口に生暖かい液体が入ってくる。しかし、思ったより濃い。結構強烈な匂いが鼻を抜ける。瞬間、吐き気が唐突に湧いてきて「グボォ!!!ごふごはごふ!!!!」とえづき、俺の口元から溢れる尿。

 

「大丈夫!?!?!?」と心配される女王様。いや、めっちゃ優しいなこの人と感動しつつすんごい申し訳ない気持ちでいっぱいになった。「すみません・・・胃腸の調子が悪かったようで・・・」とよくわからない言い訳をする俺に「しょうがないね」と仏のような言葉をかけてくれる。もはやSMなのかなんなのか。

 

それからはなんか、普通のクンニとか、乳首責めとかライトなプレイに終始し、三回くらい抜いてもらって終了。亀頭をめちゃくちゃ責められ、敏感すぎて痛いというかくすぐったい感覚(イったあとさらにしごかれ続ける感覚に似てる)にもだえ「あー!!マジでやめてください!!んぐきあーーーー!!」と本気で叫び続け、足でガードしようとするたびこじ開けられてやめてくれなかったところと、スパンキングだけがSMっぽかった。

 

プレイ後、俺が許容できるプレイは

・ロウソク

スパンキング

・アナル(ギリギリOKレベルで、積極的にやりたいと思わない)

だけだということが判明し、これでは奴隷とか無理だな、ということでそれきりお別れした。ほんと女王様には申し訳ねえ・・・と思ったのと、気軽にMだとおもっててすみませんでした世の中のMの人、という気持ちでいっぱいになった。いまでもドMのひとに対してはあれ以上のことに耐えてかつ快感感じてんのか・・・レベル高いわ・・・と尊敬の念を抱いている。ほんとすごい。

セクキャバに行く

昨日イライラしてしまったので初回フリー3000円の安いセクキャバに行ってしまった。セクキャバといってもおっぱい触らず、ただ話してただけなのだが。安く入って、飲み物おごらない客はこんなもんである。というか、おっぱい触りたい!って意思みせなかったからだけども。

 

ひたすらテキトーな会話して、その場盛り上げてドリンク求められたら「今日初めてきたし、フリーの子にドリンク上げる気ないから指名したくなるようなことしてよ」とかわしつつ会話の主導権は俺が握って決して指名しないというゴミ行為をしてこっちは酒飲みまくる。

 

そうして出来上がって、いまとてつもなく気持ちいい、ダメ人間過ぎる。多分明日の朝後悔してんだろなあ